太陽光雑記

発電所に穴をほってみた!

よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

太陽光

毎年梅雨になると水没するウチの発電所。。。

もともと田んぼだったので、田植えの季節になると古の記憶に従って律儀に、豊かに水を貯えます。

最初見たときはびっくりしました。

初夏に現地確認に行ったら10センチほど水没してて入れない!

この発電所、施工不良じゃないか!と思ったんですが、分譲業者によると「たまにあります」とのこと(笑

おいこら。

とはいえ、一生懸命調べてくれてた結果、10年近く浸水を繰り返してる発電所も、架台に問題は出てませんとのこと。

おぉ、それは安心だ!、、、ってなるか?

つまり、実例ないからわかりません。。。ってことでしょ。

なんかモヤモヤしながら、いろいろ作戦を考えた結果、穴掘りにたどり着きました。

スポンサーリンク

掘る!

このネジネジドリルを使って地面に竪穴を掘ります。

田んぼは水がしみこまないように地下に粘土層があります。

これに穴が開くと、そこから水は地中に浸み込んでしまうということです。

Youtube等で調べると、大体1.5メートルほど掘ると粘土層を抜けるそうです。

スコップで掘ってたら大変です。

人の背丈ほどの穴を手掘りなんて、恐ろしいほどの労力。ユンボの仕事です。

でも発電所にユンボなんて入れませんから、人力で何とかするしかありません。

そこで見つけたのがこの「スパイラルボーラー」

効率よく穴が掘れます!

スパイラルボーラーの扱い

2メートル掘れるように、1メートルの延長シャフトも購入し、総額2万円程度かかりました。

組み立て式になっており、ハンドル、ドリル部、シャフトとすべて分解可能です。

結合部は極太のネジと、その先をピンで止めるようになってます。

力込めるから、結合部が曲がるんじゃないの?なんて思ってましたが、めちゃくちゃがっちりした作りになっており、2メートルまで延長しても十分力が伝わりました。

5回くらい回すと、硬くて回らなくなります。

逆回転させながら引き抜いて、ドリルに詰まった土を外に出します。

できるだけドリルに土を詰めて引き出すと早く掘り進められます。

大体深さ2メートルの穴を掘るのに30分程度かかりました。

気づいた注意事項

何より重労働!

真夏の作業は厳禁ですね。倒れます。

12月でも穴1本で汗だくになりました。真夏だと命にかかわります。

小さなスコップが必要

ドリルに詰まった粘土は、振っても落ちません。スコップではぎとる必要があります。

うっかり穴に落とさないように注意!

延長シャフトを止めるピンとか、スマホとか、危うく落としそうになります。

直径20センチ程度ながら、深さが2メートルの穴です。落としたらもはや拾うのは不可能です。。。

十分注意しましょう。

腰に注意!

想像より力が必要です。

効率よく掘るために、できるだけドリルの粘土を引き上げたいのですが、ドリルの溝いっぱいに粘土が詰まってると結構な重さになります。

これを何度も持ち上げるわけですから、腰痛持ちの方は慎重を期さないと惨事になります。

僕は背中を痛めました(笑

さて、こんな努力を積み重ねて一生懸命取り組んだ竪穴チャレンジ、どんな仕上がりになったかは、また次回で。

ではまた。

おまけ お気に入り紹介

お気に入りのビール用グラスですが、もう一回り大きいのが欲しい。

いろんなサイズをそろえたくなるくらい使い心地がよかったです。

ただし、扱いに気を遣いますが、、、補って余りあるよさ。

そしてビールは最近これがお気に入り。

糖質ゼロでもビールの味がすると思う。

【糖質ゼロ】【ビール】キリン一番搾り 糖質ゼロ [ 500ml×24本 ]
一番搾り糖質ゼロ
【フレーバー】雑味のない澄んだ麦のうまみが感じられる、飲みやすく、飲み飽きない味わい。

ただし、アルコール低めなのでちょっと薄い感じするんですよね。

濃いめが好きな方はこちらの方がいいかも。しっかりビールの味もします。

つまみもできるだけ健康に寄せて。

健康気にするならビール飲まない方がいいし、つまみも余計な間食だし。。。

でも、やめたくないから、やめないながらも健康寄りの選択です(笑

ごぼうチップス(たっぷりサイズ)便利なチャック付き袋 300g
SHINOBI
おやつはもちろん、サラダなどのトッピングとしても お楽しみ頂けます。美味しく手軽にお菓子感覚で食物繊維を取る事が出来ます。

よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
たいぺろ投資雑記

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました